スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
チャイナタウンでニョニャ料理のランチ
IMG_1237sss18.jpg


クアラルンプール(KL)のチャイナタウンを歩いて、端っこまで来た。

もうすぐそこにクアラルンプール駅が見えているところにあるのが、"Old China Cafe"

Cafeといってもスタバとは違って、ちゃんとしたニョニャ料理を出すレストラン。

ニョニャ料理って何?そこには、"プラナカン"という、今回の旅行のキーワードが隠されている。

プラナカン(Peranakan)とは、マレー語で「ここで生まれた」という意味。

英語では"Born here"と訳されます。マレーシアに移住してきた世界各地の男性が、

現地に住んでいたマレー人女性と結婚し、生まれてきた混血の子孫がプラナカン。

ニョニャ料理のルーツを築いたのは、プラナカンの中でも"Straits Chinese"(海峡で生まれた華人)

とも呼ばれる中華系プラナカン"ババ・ニョニャ"。

父系の中華料理の食材を母系のマレー人女性が香辛料を調理のスパイスに取り入れた、見た目が中華で

味がマレー的な料理がニョニャ料理。



IMG_1239ss19.jpg


ニョニャ料理の特徴の一つ、青いご飯!これは、ココナッツミルクを入れて炊いたご飯に

バタフライピーフラワーという青紫色の花で色を着けている。

バナナの葉っぱの上に乗っているのがイイね!


IMG_1242sss19.jpg


これは定番、ナシ・ゴレン。かなりスパイシーで、気温34℃には効く!?

でも日本とちがって、建物の中に入るとウソみたいに涼しいの。シーリングファンだけで、十分汗も引く。

そう言いながら、向かいの主人は相変わらず汗をぬぐっているけど・・・。

ちなみにこのお店は、入口に"NO HALAL"と書いた張り紙があったので、ムスリムの人は入れない。



今日も訪問ありがとう!!★ランキング参加中★↓↓↓よろしくね★

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村



テーマ:■旅の写真■ - ジャンル:写真

【2012/03/09 22:34 】 | 2012Malaysia |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。