スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
マラッカに行ってみた①
RIMG0496sss16.jpg




RIMG0503sss16.jpg


マラッカに行ってみた。クアラルンプールから南に下るので、より赤道に近くなり?暑い。

マラッカに行く方法は、マレー鉄道があるがアクセスがあまり良くないようなのでバスで行くことにした。

ホテルから電車を乗り継ぎ、南の方にあるベンダール・タシッ・セラタン駅に着いた。

その駅から陸橋?でつながっているのが、立派な立派な”TBC”。

エステサロンみたいな名前だけど、長距離バスターミナル!!

昨年リニューアルしたばかりで、すごくきれい。ピカピカ!そして、すごくシステマチックだったのが

日本人には嬉しい。中で働いている人も、珍しく?愛想が良かった。

ここから、国境を越えてシンガポールに行く人もいるようでパスポートは必須。

片道2時間弱の日帰りマラッカ旅行が始まった。ちなみに、バスは日本の長距離バスくらい快適!


IMG_1358sss20.jpg




IMG_1360sss20.jpg


マラッカに着いてもすぐに世界遺産に指定された歴史地区があるわけではない。

またまた大きなマラッカ・バスターミナルに到着する。

そこには、たくさんのショップがあってレストランも多い。

小腹を満たすのがエビソバ。あんかけで美味しかったわぁ~ちょっと奮発して8リンギット(208円)

お店の人に写真を撮らせてねぇ~とお願いしたら、照れながらOK。

撮った後、写真を見て爆笑・・・喜んでもらえた。


今日も訪問ありがとう!!★ランキング参加中★↓↓↓よろしくね★

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:■旅の写真■ - ジャンル:写真

【2012/03/29 21:54 】 | 2012Malaysia |
on my birthday
IMG_1427sss19.jpg



2日ほど前、私は誕生日を迎えた。

数年前と違うことは、毎年この日facebookの”友達”からメッセージがたくさん届くこと。

いろいろな国の人から・・・ほとんど人はもちろん会ったことのない人。

facebookを始める前は、会ったことない人=知らない人だったけど

今はその考えはちょっと変わっている。これがSNSの力なのか。

誰かと繋がっているのが煩わしい時がある。誰というわけではないが、仕事でひどく疲れている時

日本語を見たくない、聞きたくないくらいブルーな時。

知っている人の顔を見て話を聞く、喋る・・・ひどく辛くなる。

ただぼーっと、海外の人のつぶやきや意見を読んでいるだけの方が楽なことがある。

会ったことない人の言葉や音楽・映像で、現実逃避できることがある。

そして、はっと現実に戻り自分が生きていることを実感する。

毎年誕生日に、自分がなぜここにいるのか、なぜ働いているのか、なぜ生きているのか考える。

考えてもしょうがないことを、ぐだぐだ考えてしまうのが私で結論は出ない。

私は基本的にネガティブな人間だ。だから、挑戦とか努力とかいう言葉が好きなのかもしれない。

ネガティブだから、安心とか保証とか欲しくなる。そのために、毎日何かしら努力する。

努力していないと自分が壊れそうで怖くなるからだ。

そしてまた、誰かと繋がりたくなる。



今日も訪問ありがとう!!★ランキング参加中★↓↓↓よろしくね★

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村


テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

【2012/03/24 16:56 】 | 人生 |
関帝廟とピーター・ホー
IMG_1272sss20.jpg



ヒンドゥー教寺院のお向かいは、中国の関帝廟。

日本(横浜)で何度も通った場所なので、親近感がある。

長ーい線香やぐるぐる螺旋状になった線香の香りに包まれて、ちょっと休憩。



IMG_1267sss18.jpg



ホテルで荷物だけ預けて、すぐに歩き出したのでお疲れの私・・・。年は取りたくないねぇ~(アジュンマの発想)



IMG_1275sss18.jpg




IMG_1276sss18.jpg




IMG_1278sss18.jpg



そして、ヒンドゥー教寺院の並びにあるのが”ピーター・ホー”という店。

要するに雑貨屋とカフェなんだけど、すごく素敵で全部買いたくなった。よく見るとここの客は圧倒的に欧米人。

なぜ?これはオーナーのピーター・ホー氏がデザインした雑貨で、テイストが欧米人から見たアジアン雑貨だから。

欧米人が好きそうな、且つ実用的で自国に持ち帰って飾ったり使ったりできそうな雑貨。

これが割と高い(って日本と同じくらいね)んだけど、買っていく人が多い。

やはり色使いや素材感なんかセンスがある人が作って、買う人もおしゃれでセンスがある人みたい。

主人は、涼みに来ただけ・・・と言って早々に出て行こうとする。そう、センスが無い人だから!(悲)



今日も訪問ありがとう!!★ランキング参加中★↓↓↓よろしくね★

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村

テーマ:■旅の写真■ - ジャンル:写真

【2012/03/18 19:33 】 | 2012Malaysia |
スリ・マハ・マリアン寺院
IMG_1247sss19.jpg



チャイナタウンの入り口近くにある、ヒンドゥー教の寺院。

その極彩色で目立つ存在、近隣はビル街なのでそのアンバランスさが楽しい。



IMG_1255sss20.jpg



中には裸足で入らないといけない。ところが!気温30℃を超える時間に、タイルの上を裸足で歩くって・・・

想像しただけでも、熱い!暑いじゃなくて足の裏が焼けるように熱い!

ので、主人と二人で猛ダッシュして日陰を探した。

靴を持って入るのも厳禁、外で厳しくチェックしていた。



IMG_1258sss20.jpg



家のインテリアもこんな感じにしたい?



IMG_1259sss20.jpg



ヒンドゥー教は神様が多い。三神一体と言われるのが、

ブラフマー:宇宙の創造を司る神

ヴィシュヌ:宇宙の維持を司る神

シヴァ:宇宙の寿命が尽きた時に世界の破壊を司る神

その子分の神様もいて有名どころが、

ガネーシャ:シヴァ神の子供で象の頭を持つ神。富と繁栄、智恵と学問を司るらしい

ハヌマーン:外見が猿の神。孫悟空の元になったと考えられる

インドラ:雷神、天空神。北伝仏教では帝釈天...とのこと。う~~ん、覚えられん。

実は、私たちがKLに行く少し前にヒンドゥー教の最大のお祭り”タイプーサム”があった。

このスリ・マハ・マリアマン寺院内にある二輪馬車がバトゥ・ケイブに向けて出発し、14時間かけて練り歩く。

100万人以上が集まる奇祭で、何が奇祭って背中や肩、顔などに串を刺すなどの苦行をインド系のヒンズー教信者が行う!

見てみたい!!

今日も訪問ありがとう!!★ランキング参加中★↓↓↓よろしくね★

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村


テーマ:■旅の写真■ - ジャンル:写真

【2012/03/15 22:10 】 | 2012Malaysia |
チャイナタウンでニョニャ料理のランチ
IMG_1237sss18.jpg


クアラルンプール(KL)のチャイナタウンを歩いて、端っこまで来た。

もうすぐそこにクアラルンプール駅が見えているところにあるのが、"Old China Cafe"

Cafeといってもスタバとは違って、ちゃんとしたニョニャ料理を出すレストラン。

ニョニャ料理って何?そこには、"プラナカン"という、今回の旅行のキーワードが隠されている。

プラナカン(Peranakan)とは、マレー語で「ここで生まれた」という意味。

英語では"Born here"と訳されます。マレーシアに移住してきた世界各地の男性が、

現地に住んでいたマレー人女性と結婚し、生まれてきた混血の子孫がプラナカン。

ニョニャ料理のルーツを築いたのは、プラナカンの中でも"Straits Chinese"(海峡で生まれた華人)

とも呼ばれる中華系プラナカン"ババ・ニョニャ"。

父系の中華料理の食材を母系のマレー人女性が香辛料を調理のスパイスに取り入れた、見た目が中華で

味がマレー的な料理がニョニャ料理。



IMG_1239ss19.jpg


ニョニャ料理の特徴の一つ、青いご飯!これは、ココナッツミルクを入れて炊いたご飯に

バタフライピーフラワーという青紫色の花で色を着けている。

バナナの葉っぱの上に乗っているのがイイね!


IMG_1242sss19.jpg


これは定番、ナシ・ゴレン。かなりスパイシーで、気温34℃には効く!?

でも日本とちがって、建物の中に入るとウソみたいに涼しいの。シーリングファンだけで、十分汗も引く。

そう言いながら、向かいの主人は相変わらず汗をぬぐっているけど・・・。

ちなみにこのお店は、入口に"NO HALAL"と書いた張り紙があったので、ムスリムの人は入れない。



今日も訪問ありがとう!!★ランキング参加中★↓↓↓よろしくね★

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村



テーマ:■旅の写真■ - ジャンル:写真

【2012/03/09 22:34 】 | 2012Malaysia |
LCCってそんなに安いの?今回のAirAsia
RIMG0506sss15.jpg




今回のマレーシアのチケットは実は、去年の8月に予約した。

なんでまたそんなに早いの?と思われるかもしれないが、そこにはLCCのからくりがある。

激安のLCCのチケットはすべて競争が当然激しい。今回関空から飛んだチケットは

昨年8月にAirAsiaが関空に就航するよ!という大々的な宣伝の元”サンキューカンサイ”という

おやじギャグのノリで片道3931円というプロモを起こしたからだ。

早い者勝ちで限られた数の最安値シートを手に入れることができた人だけこの価格。

私は、復路は取れたが往路は11000円。それでも安い!

皆も知っているかもしれないが、LCCに快適さなサービスを求めてはいけない。

日本を出るとき気温4℃だったのでダウンジャケットを着ていた。そして機内では、それがマイブランケットになる。

機体も古い、ターミナルまでは行きも帰りも、タラップを降りて歩かないといけない。

帰りなんて、LCC専用空港なんで真っ赤な機体がうじゃうじゃいて、自分の乗る機体を聞きながら走った。

でも、いいの。だってLCCだから誰も文句言わない。サンキューカンサイだもん!




RIMG0509sss10.jpgRIMG0512sss10.jpg




試しに、機内食も食べてみた。マレー料理の”ナシ・レマ”。

これは、チケットの予約の際一緒に頼んでおいたもので日本円で700円。

実は後からわかったが、当日有料ワゴンサービスで売られる値段は1000円、そりゃないでしょーって感じ。

ちなみにマレーシアリンギットで払えばもっと安い。何でも日本円は高いのよ。

チケットの予約の時。預け入れ荷物も重さによって料金が加算される、座席指定も有料。

なんでも有料なので気が抜けない?

プロモなしで買うと、片道19000円から25000円くらい。これは日本発の運賃で、KL発で買う方が同じ関空

往復なら安くなる。おっと!燃料サーチャージは別よ!

これを読んでいる人は、一度AirAsiaを体験してもみればいい。何度もLCCを利用するとコツがつかめるから。




RIMG0492sss15.jpg




じゃあ、宿はどこよ!?って話になるが、これがもう激安!のTune Hotelに泊まってみた。

ここまでくると怖いもの見たさで、同じLCCが経営するホテルってどんなものか見てみたくなる。

ダブルの部屋で1泊は日本円で2500円弱・・・怖くない?

いやいや、それがねぇ~5つ星ホテルのベッドが売りのホテルだけあって、寝心地はすごく良かった。

シャワーは?ちゃんとお湯が止まらずに?出た!トイレは、しっかり流れた!

トイレの水圧は、台北やソウルよりしっかりしているのでKLは安心。

なんで安いか?理由はあって、タオル、アメニティーグッズ、エアコンは有料。

でもちゃんと部屋のお掃除はしてくれる、これは他の国に引けをとらない。要するに、寝られたらいいの。

立地もモノレール駅から歩いてすぐで、便利。コンビニもスーパーもスタバも目の前にある。

ホテルのフロントの人も丁寧な英語で話してくれる。世界中に急成長している、AirAsiaの勢いを見た。




pix06l.jpg

上の写真はHPより



今日も訪問ありがとう!!★ランキング参加中★↓↓↓よろしくね★

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村

テーマ:■旅の写真■ - ジャンル:写真

【2012/03/04 19:01 】 | 2012Malaysia |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。