スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
夏の終わりに・倉敷吹きガラス
IMG_0912sss18.jpg




IMG_0957sss18.jpg




夏の終わりに、大学時代からの友人が遊びに来てくれた。

倉敷美観地区を歩くだけでは、ありきたりなので”吹きガラス”を体験してもらった。

工房は美観地区には当然なく、車で30分ほど南下したところの一軒家。

自分でデザインして、色も大きさも決めて一から作り上げていく。

汗をかきながら仕上げた力作、2点。

このグラスと私の撮った写真を一緒に、夏の思い出を送ろう。



今日も訪問ありがとう!!★ランキング参加中★↓↓↓よろしくね★

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

【2011/09/22 22:52 】 | 思い出 | トラックバック(0) |
林本源園邸・ガイドブックに載っていない台北
RIMG0188sss15.jpg




RIMG0194sss15.jpg




RIMG0202sss15.jpg




RIMG0199sss15.jpg



ここは、国定史跡”林本源園邸”。台北駅から地下鉄だと板南・南港線で府中駅から歩いて15分かな。

私はこの後、台湾のお友達と食事の約束があったので永康街からタクシーで行った。もちろん一人!

総統府•司法院•台湾銀行•国立台湾博物館は、台湾の日本統治時代に建てられた建造物。

いまでもとても良い保存状態で残っている。それとは対照的に、ここのように清朝末期時代の建物で

保存されているものは数少なくとても貴重。映画に出て来そうな中国建築ねぇ。

庭園は9区域に別れていて、ざっと見て回るだけでも最低約1時間かかると聞いてびっくり!。

実は6054坪もある!建物全体が見えないよう、色々な工夫が施されて庭園全体が造られたのる。

台湾には事業にとても成功した富豪が一族が5つあり、それを総称して「五大家族」といわれている。

林本源園邸はそのうちの一つである「林家」の邸宅と庭園。

見ただけでその栄華を感じとることができる。



今日も訪問ありがとう!!★ランキング参加中★↓↓↓よろしくね★

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村

テーマ:■旅の写真■ - ジャンル:写真

【2011/09/18 16:27 】 | 2011Taiwan | トラックバック(0) |
台湾みやげ・緑豆糕
IMG_0827s17.jpg




台湾に何度も行っていると、お土産にパイナップルケーキばかりじゃなぁ~と思ってしまう。

最近のヒットがこれ!”緑豆糕”落雁のような形で味はしっかり緑豆!

お茶うけに最高、ほのかな甘さがイイ!台湾の食べ物は奥がふか~い




今日も訪問ありがとう!!★ランキング参加中★↓↓↓よろしくね★

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

【2011/09/15 21:35 】 | 未分類 | トラックバック(0) |
また台北・牛肉捲大餅
RIMG0107ss15.jpg




また、台北の記事に移りますわ・・・。

6月は前半に台北、後半にカナダとハードだった私。7月、8月とおとなしくしていた。

写真は台北駅近くの、台湾家庭料理”北平田園”というお店の牛肉の野菜巻き。

いちばん外側にはパイ生地のようにさくさくの衣?で覆われている。

ここに寄った時は、夜中近かったので小吃のみをサクッと買って帰った。

本当は、台湾産の中力粉で作った生地を、削るようにしてそのままゆでてしまう麺(刀削麺)を

食べたかったが時間が無くてNG。人気の麺メニューは湯むきした煮込みトマトを加えて仕上げたさっぱり味の

”蕃茄牛肉麺”次回の台北行きでは必ず食べるよ。


今日も訪問ありがとう!!★ランキング参加中★↓↓↓よろしくね★

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村

テーマ:■旅の写真■ - ジャンル:写真

【2011/09/09 22:35 】 | 2011Taiwan | トラックバック(0) |
カナダの卒業式
RIMG0348s15.jpg



息子の高校の卒業式が始まった。ここに来るまで4年かかった私?

息子は、日本の中学3年の7月に一人でこの土地にやってきた。9年生からのスタート。

1年か2年で母国に帰る留学生が多い中、この学校で一番長く高校生活を送った。

留学生はいるが、ごく普通の公立校なので特別扱いはなくカナダ人の友人に恵まれた4年間だった。



RIMG0324s15.jpg



とにかく病気やケガがないように。それを一番心配しつつ、現地の高校の勉強についていけるか心配した。

2年くらい経って本人もかなり自信がついたようで、私も全面的に信用していたので

日本に夏休み帰ってからも一人の大人として扱うことにした。

好きにしていいけど、責任は自分で取ること・・・私が繰り返して言っていた言葉だが

彼はそれを踏み外すことなく一人の大人の男として成長していったようだ。

この国の、おおらかさと優しさ、平等にいろいろなチャンスをくれるシステムに感謝したい。

彼らは実に美しい英語を喋る。地理的にイギリスに、スコットランドに近いからなのか?

礼儀正しく私を迎え入れてくれた、ノバスコシアに感謝したい。



RIMG0352s15.jpg


今日も訪問ありがとう!!★ランキング参加中★↓↓↓よろしくね★

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村

テーマ:■旅の写真■ - ジャンル:写真

【2011/09/01 23:21 】 | 2011Canada | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。